日々のストレスから開放されたくて風俗に通っています。行くだけでは満足できないんですが、体験談を思い出しながら書いていると何故かスッキリした気分になれます。

疲れた時に溢れ出る性欲は風俗で発散

疲れた日に限って性欲が爆発しそう!しかし悶々としててもしょうがないし、早く寝たいのに勃起が収まらず、寝不足で結局疲れが取れず…という経験もしてきたので、そういう日には深く考えずに風俗へ直行するに限ります。行く風俗店のタイプはその時々によって違いますが、1番多いのは手軽なところで手コキ系のオナクラかな。自分でするタイプじゃなくて、女の子が手コキで抜いてくれるタイプの店。こっちから女の子に触ることはできないけど、基本的に攻められるのが好きなタイプなんで、女の子が触ってくれるならそれで全然OK。最近で上手いなと思った女の子は、20代前半のAちゃんという子ですかね。基本的にベッドに横になった状態で女の子から攻めてもらいますが、Aちゃんは両手を大きく広げて、体全体を触れるようにしてくれたんですね。タッチの力具合も絶妙で、局部に触ってない状態でもかなりの固さに勃起してました。感じやすいところも触ってくれるけど、時々手を繋ぐような動きもしてくれるんですね。そういう心遣いも良かったです。

出張マットヘルスで初めてのマット風俗

初めて働く女の子といちゃいちゃさせてもらったのは20代の時のキャバクラが初めてでしたが、風俗そのものに行くようになったのはそれからもう少し後のこと。元々酒があまり得意じゃないので、風俗を覚えてからはキャバクラにまったく未練もなくなりました。だってキャバクラにかけるお金があれば、風俗でたっぷり遊べますからね。まだいろんなタイプの店に行ったことがあるわけじゃないんですが、今のところデリヘルがいいなと思ってます。ラブホで使えるので、周りを気にしなくていいのと後片付けをしなくていいのが便利なので。こないだはマットヘルスの出張を初めて使ったんで、店からオススメされたマットつきの部屋に入り、デリヘルでのマットプレイに初挑戦しました。ぬるぬるで滑るからすごく緊張したんですが、女の子の言う通りに動かないようにしてみたら、まあ女の子が上手く俺の上を動くこと動くこと。女の子が全裸なのとぬるぬるも相まって、初めてのことでしたがかなり興奮しました。毎回コレだと飽きそうだけど、たまに使ってみるなら良さそうです。

会社帰りに寄ったネオン街で出会った風俗

帰りの電車の中から見えるネオン街が魅力的で魅力的で、ちょっとお財布に余裕があった時、初めて途中下車して足を踏み入れてみました。想像していた通り、飲食店も風俗店もいろいろあった雑多なビルがたくさん。その中でも特に惹かれるのは…やっぱり風俗店のほう。デリヘルの経験はありましたけど、店舗型の店には入ったことがなかったんです。イメクラタイプのヘルスを選んで、コースはお任せにしてコスチュームだけ、写真で見てかわいいなって思ったCAさんのものにしました。シャワーを済ませるとCAさんが待機中、思っていた以上に似合っていてかわいかったので、こちらから主に攻めさせてもらうことに。特にシチュエーションの設定もしていなかったのですが、抱きついて後ろからおっぱいを揉むようにすると、「やめてください!フライトの時間が…」とか言ってくれるんですよ。いいからいいから…とCAさんを裸にしていって、途中でベッドに移動してからフェラをしてもらい、きれいなおっぱいをしていたので、最後は騎乗位素股になりました。会社帰りに寄れるし、これから少しずつ通おうかなと思います。